Pocket

キャットフードも日々改良が重ねられ、より良いものへと進化し続けています。一口にキャットフードと言っても多種多様なものがあり、最近では、リンゴが使用されているキャットフードもあります。ここでは、リンゴを使用したキャットフードについて、ご説明します。

猫の食事中猫は肉食動物である為、炭水化物を消化するのが苦手です。ですから、キャットフードは高たんぱく、低炭水化物が良いと言われています。現在リンゴを使用したキャットフードでは、約70パーセント程が魚や肉などのタンパク質をメインとしており、残り約30パーセント程がリンゴなどの果物や野菜で出来ているものもあります。主原料となる魚や肉は新鮮で良質なものが使用されており、小麦やとうもろこし、大豆、米などを一切使用しないグレインフリーのキャットフードです。炭水化物を使用せず、肉や魚、リンゴなどの果物や野菜などのみのキャットフードなのです。

また、リンゴを使用したキャットフードの中には、発がん性などの成分が含まれる添加物などが使用されていないものもあります。防腐剤などを使用していない無添加のものは、がんや他の病気のリスクを減らしてくれるので、安心して猫に与える事が出来ます。


関連記事:キャットフードのこだわり