Pocket

現在売られているキャットフードには様々なものがあり、猫の種類、体重、月齢によって多種多様です。購入する際はどれにすれば良いのか、迷う事も多い多々あります。ここでは、キャットフードの種類について、ご説明します。

缶詰キャットフードには大きく分けて2種類あり、ドライフードとウェットフードがあります。ドライフードは、水分量が10パーセント以下のもので、乾燥している為硬く、カリカリとした歯ごたえです。比較的長期間保存ができますが、開封後は酸化してしまうので直射日光は避け、密閉保存する事をお勧めします。固い為、年老いた猫には向きませんが、適度な硬さがある為歯やあごが強くなり、歯周病予防にもなります。ウェットフードは、缶詰やパウチタイプのものが販売されており、主な原料となっている魚や肉をほぐした状態で、水分量は約80パーセント程あります。消費期限は非常に短い為、開封後はすぐに食べさせます。匂いが強い為、ドライフードよりウェットフードを好んで食べる猫が多く、食欲がない猫には、ウェットフードがお勧めです。また、やわらかいので、年老いた猫や大量不漁の猫、歯が弱い猫にもおすすめです。また、生後間もない子猫の餌として、子猫専用のミルクやウェットフードもあります。

現在販売されているキャットフードは豊富にあり迷いがちですが、選ぶ目安として、猫の体調や月齢に合わせたもの、猫の健康を考えたものを選ぶようにしましょう。