リンゴを使ったキャットフード

キャットフードの種類について、ご説明します

Author: admin

キャットフードのこだわり

Pocket

リンゴ使用キャットフードは、多くの人に親しまれており、愛猫も良く食べると評判のキャットフードです。ここでは、リンゴを使用したキャットフードのこだわっている点について、ご説明します。

猫の絵まず、猫が生きる上で不必要である小麦やとうもろこし、大豆、米などの穀物類が含まれておらす、グレインフリーである事です。主な原料は人間でも食べる事が出来るほど新鮮で、高品質な魚や肉が中心となっています。また、その他の原料では、リンゴなどを含むフレッシュな果物や野菜になります。リンゴにはコレストロール値や血糖値を抑えるなど、身体の調子を整えるペクチンや、疲労回復や血流改善などの活力維持をサポートするクエン酸やリンゴ酸が含まれる他、強い抗酸化作用が特徴であり、病気の予防や改善効果があるポリフェノールが含まれています。更に、子猫から老猫まで食べる事ができるので、年齢や体重などを気にせずどんな猫にも与えられます。このように、素材にとことんこだわり、厳選されたものが多く使用されているので、安心安全なキャットフードとして、注目されているのです。

愛猫も大切な家族の一員です。人間同様にキャットフードも新鮮で高品質、一つ一つ丁寧に作られているものを与えてあげたいです。

リンゴを使用したもの

Pocket

キャットフードも日々改良が重ねられ、より良いものへと進化し続けています。一口にキャットフードと言っても多種多様なものがあり、最近では、リンゴが使用されているキャットフードもあります。ここでは、リンゴを使用したキャットフードについて、ご説明します。

猫の食事中猫は肉食動物である為、炭水化物を消化するのが苦手です。ですから、キャットフードは高たんぱく、低炭水化物が良いと言われています。現在リンゴを使用したキャットフードでは、約70パーセント程が魚や肉などのタンパク質をメインとしており、残り約30パーセント程がリンゴなどの果物や野菜で出来ているものもあります。主原料となる魚や肉は新鮮で良質なものが使用されており、小麦やとうもろこし、大豆、米などを一切使用しないグレインフリーのキャットフードです。炭水化物を使用せず、肉や魚、リンゴなどの果物や野菜などのみのキャットフードなのです。

また、リンゴを使用したキャットフードの中には、発がん性などの成分が含まれる添加物などが使用されていないものもあります。防腐剤などを使用していない無添加のものは、がんや他の病気のリスクを減らしてくれるので、安心して猫に与える事が出来ます。


関連記事:キャットフードのこだわり

キャットフードの種類

Pocket

現在売られているキャットフードには様々なものがあり、猫の種類、体重、月齢によって多種多様です。購入する際はどれにすれば良いのか、迷う事も多い多々あります。ここでは、キャットフードの種類について、ご説明します。

缶詰キャットフードには大きく分けて2種類あり、ドライフードとウェットフードがあります。ドライフードは、水分量が10パーセント以下のもので、乾燥している為硬く、カリカリとした歯ごたえです。比較的長期間保存ができますが、開封後は酸化してしまうので直射日光は避け、密閉保存する事をお勧めします。固い為、年老いた猫には向きませんが、適度な硬さがある為歯やあごが強くなり、歯周病予防にもなります。ウェットフードは、缶詰やパウチタイプのものが販売されており、主な原料となっている魚や肉をほぐした状態で、水分量は約80パーセント程あります。消費期限は非常に短い為、開封後はすぐに食べさせます。匂いが強い為、ドライフードよりウェットフードを好んで食べる猫が多く、食欲がない猫には、ウェットフードがお勧めです。また、やわらかいので、年老いた猫や大量不漁の猫、歯が弱い猫にもおすすめです。また、生後間もない子猫の餌として、子猫専用のミルクやウェットフードもあります。

現在販売されているキャットフードは豊富にあり迷いがちですが、選ぶ目安として、猫の体調や月齢に合わせたもの、猫の健康を考えたものを選ぶようにしましょう。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén